ビブラーバ飛翔す
ビブラーバことえびふりゃーこと90125のはらはらどきどきアドベンチャー。 不認可ジムリという微妙な立場ながら、今日もまた一歩前進。 ツクシきゅん最高!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

たまにはポケモンについてでも
鳥羽☆イチロー☆GOOOOOOOOOOOOOO!!!!!!!!

こんちはー
今日は久しぶりにポケモン考察でもしてみるです
今日のお題はユレイドルなようです

ユレイドルの役割ってなんじゃらほい?
って時に真っ先に浮かぶのは砂パに置ける両受け
たくわえると再生回復、それに特性による「吠える」「吹き飛ばし」の無効化
これを駆使して不死化し、只ひたすらに嫌がらせを続ける・・・
これがユレイドルのスタンダードスタイルなようです
しかし砂パってのは元々厨ポケの集まりであって、かなり悪質(爆)な戦法である事も忘れないでほしい
主力にはガブ○アスやらメタグロ○やら、御代にはなんとバン○ラスが・・・!
この面子を見るだけでもどれくらいひどいものかわかって頂けると思うんだ
というか砂パだとユレイドルがどうとかではない気がする
そこで砂抜きでもユレイドル単体でがむばっていける方法を模索していきたいんよ
それではまず種族値
HP 攻撃 防御 特攻 特防 素早
86 81 97 81 107 43
素早さ以外平均以上
特に中途半端ではあるが特防は非常に高水準
また攻撃、特攻はどちらとも中々の物なので夢ひろがりんぐといったとこ

①普通に両受け(非砂パ)
両受けといったらやっぱりこの技→「たくわえる」
ご存知の通り防御ろ特防を一段階づつ上げてくれます
注意点はたくわえられるのは3回までね
「はきだす」「のみこむ」なんて技はいれるスペースは勿論存在しない
硬いといえど、何もしてない状態は危険なのでうまく積めるように相手の行動を制限したい
そこで「あやしいひかり」を覚えさせるのも有効
また積みポケは状態異常に滅法弱いので「みがわり」を入れておくのもアリ
ただし、補助技にスペースを取りすぎると攻撃技が入らなくなったりする
主な攻撃技としては
物理:ストーンエッジ・じしん
特殊:エナジーボール・げんしのちから・ヘドロばくだん
特殊型は少し決定力不足と言えばそういう事になるなぁ
元々覚える技は特殊技ですが、技マシンがあるなら物理型の方がより良いという結論に達したようです
ただ物理型といえども確実に消せない敵が出てきます
それはエッジが等倍以下でかつ物理受けのポケモン
例えばグライオンだとかガブリアスだとか
そういう敵さんへの対抗手段が「どくどく」
不死化したこちらが時間を稼ぎ相手にじわじわとダメージを与えていく、持久戦には持って来いの戦法
ただしこの技は鋼タイプや毒タイプには利きません
ムドーやドガスが出てきたらどうすればいいのっ?
という事も含めて次回書きます
今回はこの辺でまた来週ー




スポンサーサイト
フライゴン考察~技編~
フライゴンの技考察だお
とりあえず一回消えてかなり萎えたので、技名だけ残しとく。
最重要
「とんぼがえり」・・・読み合いや冷凍B対策には必須。
「かえんほうしゃorだいもんじ」・・・フォレムドや銅鐸対策に。
「じしん」・・・基本は主軸となる。威力・命中共に十分だが、無効化される場合もあるので読みは慎重に。
重要
「ドラゴンクロー」・・・使い勝手はいいが、いまいち威力に欠ける。
「ストーンエッジ」・・・鳥や蜂要塞とかを狩りたいときのお供。
「こらえる&じたばた」・・・正直使いにくい。
「でんこうせっか」・・・タスキつぶし。遺伝めんどい。
次点
「はねやすめ」・・・耐久はあんまりないのでおすすめはできない。
「じわれ」・・・最終手段。相手を見てからうってね。
任意
「だいちのちから」・・・特殊でじしんの劣化。別にいらね。
「すなあらし」・・・砂パに組み込むならだが、こいつを砂パに入れる意図が読み取れない
「ソーラービーム」・・・タイプ一致のハッタリかませ!
「はかいこうせん」・・・ノーマルでとくしゅ150。反動は大きいが半分ネタで。
「フェイント」・・・一応覚えるということで。意表は付けるが、とりあえずヤンマやガッサには対抗できない。


フライゴン考察
フライゴンの利用価値とロマンを求める君へ送る・・・
フライゴンの特性や種族値をまず知ってもらいたい。
特性・・・ふゆう(正直あんま関係ないが、あってもいいと思うくらいの特性)
種族値
体力80・・・ドラゴンにしては少ないとかいっちゃだめ。
攻撃100・・・フライゴンのとりえでもある。これもドラゴンにしては低い。    
      タイプ一致でも落とせない事が多杉。
防御80・・・意外とある。けれど過信してはいけない数値。
特攻80・・・使えるとも、使えないともいえる。
      両刀使いにするかは、性格と固体値次第。
特防80・・・はっきり言って、冷凍Bは耐えません><
素速100・・・スカーフにするならかなり期待できる数値。
正直、80という数値がかなり扱いにくい。高いとも低いともいえる。
特防はあんまり気にする事はないが、ドラゴンクローとか一回耐えたいので防御はかなり欲しいところ。
攻撃は100とまあ妥協点。抜群でもギリギリ耐えられることが多いため、これもやはり過信できない。ストーンエッジ、カイリュー確2の罠が待ち構えている。
すばやさは、ようきとかにするなら別だが(←ようき型はホントに使えない。攻撃、すばやさどちらとも不愉快なほど半端になる。)基本は無振りスカーフ型をお勧めする。
次回は技選択です・・・半端ドラゴン・フライゴンをどう調理していくのかお楽しみに!

 




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。